フラワーエッセンス セッション

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスは、花のエネルギーや情報のみをエッセンスとして、水に転写し自然の力で活性化されたものです。
ボトルに入ったエッセンスを、1日に数回舌下に垂らし服用します。

フラワーエッセンスは、野生の植物から作られます。
作り方は、草花が美しく咲いている時期、空に雲一つない晴天の日の午前中、クリスタルボウルに湧き水を入れ、自然に咲いている花を手を使わずに摘み、水の中に浮かべていきます。
このままボウルを数時間日光に当てると植物のエネルギーが水に転写されます。
フラワーエッセンスの場合、エッセンシャルオイル(アロマオイル)やハーブ製品と違い、植物の抽出成分などは含まれていません。

お花の持つエネルギーが人々の感情に働きかけ、
心のバランスを取り戻すことによって、自然治癒力をもたらし、
心身を健康に導いてくれます。
オーストラリアの先住民族のアボリジニは
古くから朝露のついた花を
食べていたと言われていますし、
日本でも朝露を飲む習慣があった地域もあります。
フラワーエッセンスを花療法として体系づけたのは、
1930年代のイギリスの著名な細菌学者であり、
ホメオパシーの医師でもあったエドワード・バッチ博士です。
フラワーエッセンスは現在、世界60ヶ国以上で親しまれている自然療法です。フラワーエッセンスは心の重荷の開放をサポートしてくれ、優しく整えてくれます。
フラワーエッセンスは、自分にないものを後から新しく付け加えるために
飲むものではなく、誰もが持っている本来の力を引き出すことができるものです。
また、フラワーエッセンスは、身体の病気に直接作用するものではなく、心に作用するものです。
心が元気になると身体の健康にもよい作用をもたらします。
カウンセリングと共に合ったフラワーエッセンスを選び、ストックボトルをお渡しいたします。

フラワーエッセンス セッション

《料金》
40分 6000円 (ストックボトル付き)
《場所》
特定のセッションルームがございませんので、レンタルサロンまたは、
カフェやラウンジでのセッションとなります。
その際の飲食はご負担ください。

  • フラワーエッセンスセッションは一度だけではなく、できれば3~4回以上お越しいただくことが理想です。
  • ストックボトルとは、水とブランデーの入った小瓶にフラワーエッセンスの母液(マザーエッセンス)を数滴垂らしたものです。
  • フラワーエッセンスは、1日4回、1回につき4滴を舌下に垂らしてしばらく口に含んでから飲み込みます。
  • 害や副作用、依存性がなく優しいお花のエネルギーなので、赤ちゃんや妊婦、お年寄りから動物までお使い頂けます。

《ご予約の変更、キャンセルについて》
ご予約の変更及びキャンセルに関しましては、メールもしくはお電話でお願い致します。
ご予約のキャンセルは、前日まで無料で承ります。
当日キャンセルの場合は、半額をキャンセル料としてお支払いいただきます。