目の周りのシワ- 眼輪筋

目の周りのシワってイヤですよね。目元には一番視線がいきやすいからです。
自分で鏡を見る時や人と話している時に、見られるのは目です。
その原因はなんでしょう?

目の周りのシワが気になる時、原因は3つ。

  1. 皮膚表面の水分不足、乾燥からの小ジワ
  2. 皮膚内部のコラーゲンやエラスチン不足により皮膚のハリがなくなりできる、小ジワ
  3. 目の周りの皮膚を支える土台の筋力不足による、大ジワ

です。
 
1は、日々の表面のお手入れが大切なので、化粧品等で補います。
特に目の周りは、汗が出る汗腺と皮脂が出る皮脂腺の数が顔の中でもとても少ないところ。
すぐに乾燥しやすい場所なのです。
笑った時の目じりのシワは、笑い終わってもシワが残るでしょうか?
すぐに消えるでしょうか?
皮膚にハリがあり、眼輪筋に弾力があれば、すぐに消えますが、笑い終わってもシワが残るようであれば、それは、2が問題。真皮層までシワの型がついてしまっています。
目の周りの筋肉は、まばたき等のすばやい動きに対応できるように、筋肉は細く繊細です。
しかも筋繊維も少なく、皮膚も非常に薄く、老化がいち早くでやすいところです。

ここでは特に3の目元を支えている筋肉、眼輪筋についてのエクササイズをご紹介します。
2は、3の筋肉がしっかり動かされると、それに伴って血流も良くなるので同時に改善が期待できる部分です。
 
上まぶた、下まぶた、アイホール、涙袋の辺りを含む目のまわりの筋肉を強化するエクササイズです。
動き1

  1. まっすぐ正面を向き、前方を見ます。
  2. 目のまわりの筋肉を意識しながら、下まぶたを引き上げていく要領で、目を少しずつ細めていきます。
  3. 目を閉じる一歩手前、目のまわりを緊張させたまま、キープ。
  4. ゆっくり自然の状態に戻します。

 
ポイント
目をキョロキョロさせないで、前だけを見るようにします
眉間に力を入れないで、目のまわりだけに集中します
肩や首はリラックスします
呼吸を忘れないで!
 
動き2
両手を使います。中指は眉間に固定し、人差し指は目尻に軽く置きます。
皮膚を軽く外側に引っ張り抵抗をつけながら、目を上から下からと強く閉じます。
 
ポイント
眉間のシが寄らないように、手で押さえ広げます。
目を閉じる時はゆっくりと
顔は少しあげます。
首と肩はリラックスします
呼吸を忘れずに!
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です