不食生活体験 6日目

不食生活への準備

先週の土曜日(2017/4/22)から、何だか思い立って、10年ぶりに不食生活を始めてみました。

前回は、100%LAWの食事から移行して不食に入ったのですが、

今回は、普通食1日1食から徐々に入りまいした。

そして、前回も今回も「飲み物」はOKに設定してます。

移行中の食事内容

1日目 お昼のみ(ゴマサバ定食)

2日目 お昼のみ(お好み焼き2/3)

3日目 お昼のみ(厚揚げ焼きと、昨日の残りのお好み焼き1/3)

4日目 朝みかん2個 お昼サラダとアイスクリーム

5日目 朝パパイヤ 昼クッキー半枚 夕方クロワッサン1個

今までは基本1日2食でしたが、量としては1日目は別としても普段の1/4に減らしている感覚です。

お腹がすく感覚はモチロンあるのですが、今回はゆる〜くしているからか、、

前回と比べてとても楽です。

キネシオロジーでプラーナ度チェック

2008年にジャスムヒーンさんのワークショップに行った時に教えてもらった、

キネシオロジーを使って、自分のプラーナの摂取量を調べました。

そううすると、、なんとプラーナ95%!?

だからでしょうか、、

プラーナでまかなっているので、楽なのかなぁ。

世界の不食者

きっと思うのは、地球全体の集合無意識が変化したからだと思います。

10年前に山田鷹夫さんの「人は食べなくても生きられる」を読んで実践した時よりも、

山田さんの本の出版と同年に出版されたジャスムヒーンさんの本をはじめ、

今は秋山さんや森さんの本も出され、不食の知名度が上がってきました。

10年前は5万人と言われていた不食の方は、今や世界に10万人もいると言われています。

地球全体の意識の中に「人は食べなくても生きられる」が無意識の集合意識的に広がっているのでしょう。だから不食を始めるのに、今は時代的に楽になってきていると思うのです。

不食体験してみようと思った目的

今回は、GWに奈良にある真言密教の玉蔵院に修行体験に行くので、それに合わせて心身をキレイに整えようと思って始めました。

そして裏目的として、最近のテーマである「二の腕」の事も頭にありました。それにしてもすぐに二の腕に効果が現れるとは思っていなかったけど、すぐに凹むと思ったお腹周りや体重も全然変わらない、、、。

こんなにいい感じでお腹が鳴るのに、体型が微動だにしないって、、どうしてかな?

プラーナで摂取しているからなのか、身体に影響があるのには時間差があるのか、、

さらに不食生活に入っていって楽しんでみようと思います⤴

言わずとも不食を理解してくれてる仲良しスピ友と、私はお茶だけ♪

{5BF383C9-0E44-4F22-8516-3BF4160C6462}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です