「本」これからの日本、経済より大切なこと

ダライ・ラマ法王14世と池上彰さん2人の共著の本を読みました。

1番心に残った章。

お金の重要性

確かにお金はよいものですし、私たちの人生にとって重要なものです。現代では、お金なしに生きることはできません。日常生活を考えてみても、まったくお金なしに日々を生き抜くことは、不可能です。従って、お金の重要性を改めて問う必要もないでしょう。


しかしながら、お金をまるで神のように考えたり、お金そのものに力が宿っていると考えるのは間違っているように思います。お金が全てだとか、必要なものはお金さえあれば手に入れたり達成したりできるとか、私たちが抱えている問題はお金で解決できるとか、そんなふうに考えるのも、もちろん間違っています。


私はこんなふうに考えています。この世の幸福を楽しむためには、一番に優先すべきことは、精神と心の平安を得ることです。二番目が健康、三番目が真実の友人、そして最後に富、の順番です。

この順番に改めてグッときました。

サラッと読める本でしたが、ほぼ全文を東京のお友達がブログにまとめてくれていました。

ザール隊長のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です